2018年6月16日土曜日

6月14日七夕飾りを作ろう!の報告(Make decoration of the Star Festival)

これからのコアラ運営の話し合いに時間を取られて、十分に七夕飾りを作る時間がありませんでした。 7月5日までに各自で飾りを作ってもらう事になりました。

《話し合いで決まった事;》
*7月は1回しか部屋が予約出来なかったので2回目を8月30日(木)にする。
  「楽器を作ろう」の担当者:計量スプーン30個(米澤)、あずき(上野さん)、お米
  (中村さん)、ペットボトルを持ってこられる人は持って来て下さい。
*7月2日の「リーダー交流会」出席者は田中さんと勝部さん。
*7月5日の七夕祭りでは子供達は甚平か浴衣を着せて連れて来る。 外国人会員
  は米澤の浴衣を着てもらいます。日本人で浴衣を持っている人は持参して下さ
  い。 米澤が着せてあげられます。
*伊藤重子さんは毎年大きな笹竹を寄付して下さっています。 伊藤さんへの感謝
  の色紙は小野さんが担当します。
*皆で飾り付けた笹竹は自宅に持って帰ってもらいますのでビニール袋を持って来
  る。 花ばさみは米澤が持って来る。

@新しい係が決まりました:
写真係:上野さん  誕生日係:中村さん  集金係:勝部さん
昨年度の係と一緒に行って下さい。 皆さん、よろしくお願いします。

@お誕生会;
とうい君 1歳 お誕生日おめでとうございます。 
コアラバースディカードとコアラメダルを差し上げます。 
皆でとうい君のお誕生を祝い「(^^♪ハッピーバースディの歌(^^♪」を歌いましょう。

@差し入れ:
*インドのラバブさんはラマダンが終わりEat dayとの事でインドのお菓子を作って来て下さいました。
*フィリピンのライザさんはクッキーを焼いて持って来て下さいました。
*ベレンさんはチョコレートを持って来て下さいました。
皆さん、外国人会員ばかりですが・・・ありがとうございました。 美味しく頂きました。

We discussed upcoming Koala events so that we had not enough time to make the decoration for the Star Festival.  Please make something by yourself and bring it on July 5th.

《An agreement reached as follow;》
* Couldn't reserve the room only one time in July.  Reserved Aug. 30 for second time.
  The event of this day is "Make the musical instrument".  A person in charge of:
  30 Spoons (yonezawa), Beans (ueno), rice (nakamura). Bring your PET bottle.
* Leader meeting will be held on July 2.  Tanaka and Katube will attend.
* Bring your children dressing Jinbei or Yukata at Tanabata Festival on July 5.
  Foreign members put Yukata that is Yonezawa's on.  Bring your Yukata if you have,
  I can put it on you.
* Ito Shigeko san donates a big bamboo tree every year on this season.  Thank-you 
  message will be in charge of Ono san.
* Bamboo branch are brought back to your home with your plastic bag.  I will bring
   my flower scissors.

@ A person in charge as follows;
Photographer; Ueno   Birthday; Nakamura    Collect fee; Katube
Please learn a former person in charge.  Thank you for your cooperation.

@ Birthday Party:
Toui 1 year old boy.  Happy birthday to you. 
Give you Koala Birthday card and Koala Medal.  Let's sing a song "Happy Birthday to you" together.

@Sweets donations;
* Ramadan was over and the eat day comes.  Rabab san from India brought Indian sweets for us.
* Raiza san from Philippine brought home-made cookies for us.
* Belen san donated chocolate.
All of them were foreign members.  Thank you very much.

2018年6月10日日曜日

6月7日パフェ作りの報告(Let's make your Parfait !)

コアラはのんびり、ゆるい感じで運営しているので10時過ぎにぼつぼつ人が集まります。 

パフェ作りの材料は自宅にある物を持って来て貰いました。
あんこ、ポテトチップ、コーンフレーク、バナナ、たまごポーロ、チョコシロップ、フルグラ、メールシロップ、さくらんぼ、アイスクリームが揃いました。
さて、どんなパフェが出来上がったのでしょうか?? ☺楽しみですね~。



東京新聞の記者の方がコアラの取材に来られました。 ライザさんがインタビューされていました。 どんな記事になるのでしょうか? 掲載されましたらお知らせします。

パフェ作りの材料がありましたので福祉パルなかはらの職員の方々にもおすそ分けしました。 大変喜ばれました。 でも部屋は優先的に取ってくれるわけでは無い😞

Since Koala is loose and an easy-going atmosphere, members are beginning to come to Koala room after 10:00.

Materials for making a Parfait were brought in that they had at home.
There were Red beans, Mangoes, Potato chips,Cornflakes, Bananas, Egg boll, Chocolate syrup, Cereals, Maple syrup, Cherry and Vanilla Ice Cream.
Well, What forms of the Parfait did you make?  I'm looking forward to seeing them.

A newswoman from Tokyo Newspaper publishing company came to research for an article.  Raiza san had an interview.  What kind of an article will be?  When an article published I will inform you. 

We shared Parfait with staffs of Fukushi Pal.  They were very glad.  But not give us priority to reserve the room !😞

2018年6月3日日曜日

5月31日パパへの感謝状作りと古着交換会の報告(Let's make Thank-you note for Papa & exchange used clothes)

6月17日は父の日です。 日頃、お世話になっているお父さんに感謝の気持ちを伝えましょう。 イベントは「パパへの感謝状作り」です。
コアラでは厚紙、シール、ぺんなどを準備しました。 参加者には家族写真を持って来て貰いました。 さて、どんな作品が出来たのでしょうか・・・

会員の提案で「着られなくなったこども服の交換又はプレゼントしよう!」と古着やおもちゃを持ち寄りました。 新しいドレスを着た子供達は嬉しそうにしていました。
引き取りてが無かった洋服は7月8日(日)のインターナショナルフェスティバルのフリーマーケットに持って行きます。

お誕生会:
かいり君 3歳、みいちゃん 3歳、たかとら君 1歳 お誕生日おめでとうございます。 コアラのお誕生日カードとコアラメダルを差し上げます。
3人の子供達の成長を祝って皆で「(^^♪ ハッピーバースディ (^^♪」の歌を歌いましょう。
3歳になると祝福されている事を意識して嬉しそうに笑顔になれます。 1歳はまだ分かりませんが、皆に笑顔で見られているので幸せな気分になれます。


ライザさん、ベレンさんは連休中にフィリピンに帰国されていました。 フィリピンのお土産を頂きました。 珍しいお菓子をみんなで頂きました。 有難うございました。

ご報告;
*中原区役所の方が来られて「今年もこども未来フェスタに出て欲しい。昨年の世界の民族衣装ファッションショー(10か国)&英語であそぼう」は評判が良かった。
*「川崎FMラジオに出て欲しい」事を話されました。

Father's Day is June 17th.  Let express your appreciation for Papa.  Today's event is "Let's make thank-you note for Papa".  We, Koala prepared thick paper, seal or sticker and pen.  Participants were required their family picture.  Well, what kind of card will be made?

Members brought in child's used clothes and toys to exchange or present to other members. This idea produced by Koala members.   After children got a new dress, they seemed to be happy!  I will bring leftover things to International Festival flea market on July 8.

Birthday;
Kairi 3 years old boy, Mi 3 years old girl, Takatora 1 year old boy.
Happy Birthday to you.  Give you Koala birthday card and Koala Medal.
Let's sing a song "(^^♪ Happy Birthday to you (^^♪" together for them.
They looked happy for celebration song when they reached 3 years old.
Everybody looked at him with smiling face and singing make him happy when he reached 1 year old.

Raiza san and Belen san returned to Philippine in the early May.  They brought Philippine sweets.  We enjoyed novelty sweets.  Thank you very much.

Report;
* Staff of Nakahara Ward office came to Koala and said to hope on stage "Kodomo mirai festa" this year too.  We had a good reputation "World costume Fashion show (10 different countries) and play in English.
*To appear on Kawasaki FM Radio broadcast.

2018年5月21日月曜日

特別)「きもので街歩き」コアラ卒業生が参加の報告(Walking in town wearing Kimono)

「着物と川崎の魅力 世界へ」 と題して東京新聞5月12日に掲載されました。

みやうち着物学院の尾崎弘子学院長が企画された江戸時代の着物を着て街歩きをするイベントです。 外国人に着物の良さや川崎の魅力を知って欲しい!と頼まれました。 コアラ卒業生数人に声をかけて4家族10名が参加しました。 

江戸時代の着物は豪商の妻、町娘、忍者、新選組がありました。 自分の好きな着物を選びました。 1~3歳までコアラに来ていた子供達も小学生です。 久しぶりに会いました。




着物を着たまま、レストランで食事をしたり、公園に行ったり、お寺めぐりなどしました。 暑い日でしたが楽しかったです。 

川崎大師寺に続くなかみせ通りを通ると通行人に見られました。「写真を撮らせて下さい」と見知らぬ人に言われていました。




次回は貴女の番です!




Title "Fascination of Kimono and Kawasaki to the World" was published by Tokyo News Paper on May 12.  Mrs Hiroko Ozaki, a founder of Miyauchi Kimono school planed to walk the town(Kawasaki Daishi area) wearing Edo period Kimono.  Mrs Ozaki said to me that she wanted foreigners to wear Kimono and knew a town of Kawasaki.  Then, former Koala member of 4 families 10 persons gathered.

There are kimono for a wife of merchant, city girl, ninjya and shinsengumi costumes.
Everyone chose kimono they wanted to wear. 
Children used to come to Koala when they were 1~3 years old and now they are primary school pupils.  I didn't see them for a long time.
We went to the restaurant to have lunch and strolled in the park and temple in Kimono.

At the Kawasaki Daishi temple, unknown people stared us in wonder and asked to take photo.

Next, it will be your turn!!