2016年9月19日月曜日

9月15日敬老の日に向けて感謝のメッセージを作ろう!の報告(Make a thanks note for your grand parents)

9月19日は敬老の日です。 日頃お世話になっているお爺ちゃん、お婆ちゃんに感謝のメッセージカードを作りましょう。 係は須永さんでした。 台紙、シール、マスキングテープ、クレヨン、ペンなど色んなグッズをそろえて下さいました。 手形を作る為のスタンプ台に赤いインクのスポンジもあり、工夫されていました。 有難うございました。 みんな喜んでいました。 どんな作品が出来たかな? どんな作品であれ、孫が作ってくれたものは嬉しいはずです。


ベトナムのワインさん一家が9月で帰国されますので今日が最後になりました。 卒業式の金メダルとプレゼントを差し上げました。 会員の吉田さんからもプレゼントが届いていました。 須永さんが写真入りの色紙を作ってプレゼントして下さいました。 皆で寄せ書きもしました。
ワインさんは妊娠中からコアラに来ました。 2年間に沢山の友達が出来ました。 ベトナム・ハノイに観光に来られたら案内してくださるそうです。 最後に、ベトナムの子守歌を御披露して貰いました。 


慶応大学看護学科の前田さん(帰国子女)が外国人ママ達に日本での子育てについて聞き取り調査をしていました。 将来、英語の話せる看護婦さんか保健婦さんになり、外国人ママ達を助けてくれるのでしょう。

代表が保存していた赤ちゃんの洋服を持ってきました。 必要な人は貰って下さい。 余った服はベレンさんが教会に持って行ってくださいます。 次回は10月6日に持って行きます。

新会員;
グエンさん ベトナム 1才3か月の女児 (今井神社のお祭りで知り合い、コアラに来ました。)
ケイト張さん 中国  2歳の男児 (在日9年、日本語は完璧)

ようこそ コアラへ!!

The respect-for-the-Aged Day is Sept. 19 in this year.  Let's make a thanks note to your loved grandparents and show your feeling of gratitude.
Sunaga san was in charge of this event.  She prepared various goods like mount, seals, mounting tapes, crayons and stamp etc.  Thank you very much.   Members were pleased with gadgets.  How did your artwork?
Grandparents must be happy to get grandchild's artwork.

Oanh san's family return to Vietnam at the end of September so they will be the last day of Koala.
I gave a gold medal and gift to them.  Yoshida san also made her a present of something new.  Sunaga san made a square piece of thick paper with pictures and Koala members wrote our words of good wishes and names on a card for her.

Oanh san attended Koala when she was pregnant so that she got a lot of friends for two years.  When you visit to the Vietnam, Hanoi, she will take you some tour spots. Last, she sang Vietnamese lullaby.

Maeda san who is a student of Keio Univ. Nursing studies came to hear foreign mother's difficulties of child care.  She will be English speaking nurse or a health visitor.  I hope she will help foreign mothers in Japan.

I brought the used baby clothes.  Take some if you need.  Beren san brings the remaining clothes to the church.  I will bring other clothes on Oct. 6.

New members;
Guen san from Vietnam,  1 year old girl  (I met her family at the Shrine Festival.)
Keite Cho san from China, 2 years old boy (9 years in Japan.  Japanese perfect.)

Welcome to KOALA!!

2016年8月26日金曜日

ニュース)コアラ会員のワインさんがテレビ東京に出演します。Oanh san appears on the television.

7月の中旬、テレビ東京のスタッフの方から電話があり、コアラの活動を撮影させてほしい!との事でした。 コアラのブログを見て、興味を持ったそうです。 すごい!!やったね☺☺
8月は夏休みなので集まりは有りません。 「赤ちゃんを育てている外国人ママを集めて欲しい! インタビューしている所を撮影したい!」と頼まれました。 卒業生を含め、数人に電話しましたが「テレビに映りたくない。 日本語は上手でないので無理です。 旅行に行く予定です。」と断られ、ベトナムのワインさんだけがOKでした。 結局、色んな場所から集められた外国人ママが8月16日(火)に南千住駅のマンションで撮影する事になりました。

たった6分の放送の為に2時間の外国人ママのインタビューと事前インタビュー、シナリオ作りなど沢山のスタッフが関わっていました。

MCはホラン千秋さんでしたのでワインさんは英語でのインタビューになりました。
テレビ東京 題名は「ニッポンのお宝」世界が認めた ニッポンのお宝 放送予定日は
1回目、9月7日(水)23:08~23:14
2回目、9月14日(水)22:48~22:54 多分この時間帯に出演します。
4回まであります。

A Staff of TV Tokyo called me in the middle of July and wanted to shoot Koala activities.  She was greatly intrigued to see Koala blog.  Wow. Good going!!☺ ☺
Koala is summer holiday in August.  She said to me, "Please gather foreign mothers who are raiseing children. I want to get their interview and want to shoot them."  I called several Koala members including the former Koala members.  "I don't want to appear on the television.  It's impossible, I am not good at Japanese.  I have a plan to go the family trip."  All refused except Oanh san. 
After all, a staff collected foreign mothers here and there and film studio was Minami Senjyu on August 16.
TV crew got pre-interview from foreign mothers and 2 hours interview on the day for shooting film.
It will televise only 6 minutes.

MC was Miss Horan Chiaki who gave an English interview to Oanh san.
TV Tokyo, Title is "A treasure of Nippon"
first, Sept. 7 23:08~23:14
second, Sept 14, 22:48~22:54  She appears on this day.

2016年8月22日月曜日

ニュース)パート2:コアラの活動が高く評価されました。(Part 2)

国際交流センター主催の「生活にほんごサロンサポーター」は日本語を教えたい人と習いたい人が一対一で学習します。 私は日本語を教えたい人達の研修の講師として招かれました。
私は日本語ボランティアとコアラがリンクしているので両方の経験などを話してほしいとの依頼でした。
     【参加者からの感想が送られてきました】

@ ただでさえ外国で生活すると孤立する人が多いのに小さい子供がいるとより家にこもりがちになり情報も入りずらくなると思うのでコアラの活動は素晴らしいな~と思った。 この活動がもっと
知れ渡ると良いな~と思う。 子育て支援センター等にチラシを置くとかどうでしょうか。
@ 現場で長年のご経験に基づくお話がとても心に響いた。 コアラの様な場が続き、増えると良いなと思う。
@ 先日、日本語が不得意な外国の子供に関する相談を受けた。 川崎市の教育委員会に電話をしたが、なかなか納得のいく回答が得られなかった。 民間レベルでの活動がもっと必要だと感じ、もし自分が活動するなら「コアラ」を頼らせて頂きたいと思う。
@ コアラの活動を具体的に紹介して貰えてもても参考になった。
@ 実際に外国人に日本語を教えたり、生活をサポートした事のある方のお話を聞く事が出来て良かった。
@ コアラの心温まる素晴らしい活動に興味を持ち感動した。 外国人の悩みや活動上のトラブルの事例がとても現実的で具体的で良く分かった。
@ コアラの活動は素晴らしいと思った。 多くの他の地域でも同様の場があったらよいと思う。
米澤先生のバイタリティあふれるお話を聞く事が出来、本当に感謝している。
@ ボランティアをするにあたっての心の持ち方・態度等大いに勉強になった。
@ 「コアラ」の事を初めて知った。 外国人のお母さんたちの安心できる居場所になっている事、嬉しく思った。 先生の熱意がしっかり伝わって来て共感できた。
@ 子育てひろばでの保育の内容で、保育の勉強に役だつと思って参加したが、外国人お母さんの支援をされている方のお話で役に立った。
@ 現場での話が聞けたので大変ためになった。
@ 具体的な支援を教えて頂き大変感激した。 何かの機会でボランティアに参加出来ればと思った。
@ 保育園勤務しているが、国の違いから起こるトラブルの解決ヒントを頂いた。
@ コアラの会が一人でも多くの外国人に知って活用して頂けるようにと思った。 刺激を受けた2時間だった。
@ 国際交流センターで保育ボランティアをしているが、小さな子供でも私達の話す日本語をお家で話すと聞くことがあり、子供にもちゃんと日本語を教えてあげたいと思っている。 コアラの事を初めて知ったが、とても素敵な活動だと思った。
@ 今後、実際に活動する為の問題点が見えてきたように思う。 より良い組織になるよう、これからの活動に期待する。
@ 「コアラ」を継続して活動されてきたこと・・・本当に素晴らしい事だと思った。
@ 今日は、初めて「コアラ」の事を知った。 米澤悦子先生は20年以上ボランティア活動をつづけてきたことはすごく偉いと思う。
@ 日本語を教えると言う事だけではなく、日本で生活する外国の方々の悩みに耳を傾ける事の大切さを学ぶことが出来た。 今後、ボランティアをさせていただくのに、とても参考になった。
@ 米澤さんの具体的な飾らないお話に感銘を受けた。 先生の笑顔を心に留め、私なりの第一歩を歩めたら・・・と思った。
@ 今日は実体験に基づいたお話でとても興味深く楽しい研修だった。 また参加者お一人お一人の体験はとても素晴らしいお話だった。
@ 最初コアラの年間行事の写真を拝見しとても素敵な活動だと思った。 もっと市や保育園と連携し認知度が高まると良いと思った。 生活サロン全体として日本語を学びたい方、向けと言うより、ママの子育ての悩みにフォーカスする事が多く、未婚の私がどこまでサポートできるか不安だが、やりながら学んでいこうと思った。

2016年8月21日日曜日

ニュース)コアラの活動が高く評価されました。(Koala was hightly appreciated

”Japanese Salon Supporter project”
by International Association.

Talk over the Foreigner's Worries
1990s
1,Want to have a baby.  Why could I pregnant?
2, Foreinger discrimination problem at the school.
2000s
1,Japanese Food culture and anxiety to child raising.
2,Depression and want to die.
3,Anxiety to my child's future.

2010s
1,Children's education and thier future.
2,Anxiety for the first child raising.

1990s
Foreigners who came to Japan to work as a dancer or hostess wanted to have a baby by her Japanese husband because of her visa.

2000s
Before coming to Japan, they thought "Japan is dream country and longing country".  Realities were not like this.  They were suffering from mental disease.

2010s
Foreign women who live in Japan have high educated, stand on their own legs and respect each other.  Their anxieties are children's future.
I first interpreted to foreign mothers even a small question what a specialist was saying.  Soon, they talked to me their problems.
                                                  The purpose of the establishment?
                      * Koala is the place for foreign mother and kids.
                      * If Mother is not happy, child can't be happy too.
                      * Want you to learn Japanese society by interact with Japanese mother.                       
                      * Never isolate from the society.
                      * Don't worry alone and ask me.
                      * Want you to be happy in Japan.
 
In order to solve their problems, I talked with their Japanese husbands, I am not an officer so that I don't have to report about your case.
He understood my volunteer situation and he talked to me franky and led to solve.
There are slightly differences between "Support" and "Meddlesome".  For the settlement, I steped in their problems.
After it was resolve, I stood apart.

Don't involve the money problem.
      ex.1, She couldn't pay the charges for gas so I paid those instead of her.  Such my conduct became quite usual with er after a year.
I lost my motivation to support and broke with her.
ex.2, A woman who was suffered from domestic violence by her husband and stayed overnight at her several friends's house.
I donated to woman for 3 nights hotel fee and sent to the shelter.

Some foreigners who speak Japanese but not read and write, tend to increase these days.  I use Koala materials at the class,
like a picture book and Origami.

Remarks
Japanese support volunteers don't know how to solve foreigner's problems since they don't have experiences.  We have learned a lot theory but It is
different from practice.  Today, your lecture was helpful.
Yonezawa san had been attending the World Women's Conference (N.Y. China, Spain, Canada, India) and remarked Japanese women looked
down from the world's women because Japanese never give their views.  Malaysian women lead among the Asia.
1, Take it easy  2, Don't wast   3, Don't flock.
Yonezawa san has a plan to attend 2017 The World Women's Congress in Brazil.